Planet | K-POP歌詞和訳・カナルビ |

リクエストお待ちしております。リンク切れはコメントにてお知らせください。

유승우 - 뭐어때(Whatever)【歌詞和訳・カナルビ】

유승우 - 뭐 어때 (feat.크루셜스타) YU SEUNGWOO - Whatever (feat.Crucial Star) 歌詞和訳・カナルビ

2016.02.02
YU SEUNGWOO 3rd Mini Album "Pit a Pat"

(MV)


 

 

はる いるぐぁるる まちご
하루 일과를 마치고
1日 日課を終えて

おぬ ろってっにゃみょ
오늘 어땠냐며
今日どうだったのかって

むっぬん じょなが おぷたぬん げ むぉ おって
묻는 전화가 없다는 게 뭐 어때
電話がなくてもどうってことない

がち ごっこ いっすみょん っこく ちゃぶご いっそっとん
같이 걷고 있으면 꼭 잡고 있었던
一緒に歩きながらしっかり握ってた

ったっとぅたん に そに おぷたぬん げ むぉ おって
따뜻한 니 손이 없다는 게 뭐 어때
暖かい君の手がなくてもどうってことない


ぽご しぷどん よんふぁるる
보고 싶던 영화를
見たい映画を

ならに あんじゃ ぼご
나란히 앉아 보고
並んで座ってみて

ゆみょんはだん まっちぶる がち がぼじゃご
유명하단 맛집을 같이 가보자고
有名な美味しいお店に一緒に行って

じゅまるる きだりみょ けふぇぐる っじゃどん
주말을 기다리며 계획을 짜던
週末を待ちながら計画を立てた

にが おんぬん げ むぉ おって
니가 없는 게 뭐 어때
君がいなくてもどうってことない


かっくむ ぬんむる なげ はむっけ うっとん いるど
가끔 눈물 나게 함께 웃던 일도
たまに泣いたり一緒に笑ったことも

っでろん そりちみょ どぅり っさうん いるど
때론 소리치며 둘이 싸운 일도
時には叫びながらふたり喧嘩したことも

いじゅみょん どぇぬんで びょりる あにん ごんて
잊으면 되는데 별일 아닌 건데
忘れられたらいいのに 大したことないのに

ちうじ むぉ おって おって おって
지우지 뭐 어때 어때 어때
消してもどうってことない


ぽご しぷたご はん すめ だるりょかご
보고 싶다고 한 숨에 달려가고
会いたいってため息に駆けつけて

へおじぎ しろ あしうぉっとん ばむど
헤어지기 싫어 아쉬웠던 밤도
別れることが躊躇われた夜も

いじゅみょん どぇぬんで びょり らにん ごんで
잊으면 되는데 별일 아닌 건데
忘れられたらいいのに 大したことないのに

ちうぢ むぉ おって おって おって
지우지 뭐 어때 어때 어때
消してもどうってことない


しがぬん ふるろかご
시간은 흘러가고
時間は流れていく

はる いとぅる くろっけ
하루 이틀 그렇게
1日 2日 そうやって



I wish I could go back in time

ちんぐ あぺそん くらん ちょぐ れっちまん
친구 앞에선 쿨한 척을 했지만
友だちの前ではクールなフリをしたけど

うんみょんえ よじゃぬん
운명의 여자는
運命の女の人は

しぷげ まんなる すが おんね
쉽게 만날 수가 없네
簡単に会えない

のる うるりん ぼぬる ばっこ いっぬん げ ぶんみょんへ
널 울린 벌을 받고 있는 게 분명해
君を泣かせた罰を受けてるんだ

よね っだうぃん ど うぃみが おぷたみょ
연애 따윈 더 의미가 없다며
恋愛なんて意味が無いって

ひょんしるる じくしはん どぅし
현실을 직시한 듯이
現実を直視したように

おるん ひゅんねるる ねぶぁど
어른 흉내를 내봐도
大人ぶってみても

ねが ぴひょはん ごん だ なん みょんえ じんしむ
내가 필요한 건 단 한 명의 진심
僕が必要なのはたった一人の心

なっぴち すちょげじん
낯빛이 수척해진
顔色がやつれている

ね ごうる そげ じんしる
내 거울 속의 진실
僕の鏡の中の真実


ほんじゃ はどん ちゅいみるる がち はげ どぇご
혼자 하던 취미를 같이 하게 되고
ひとりでしてた趣味を一緒にするようになって

しろはどん いるどぅるど
싫어하던 일들도
嫌いだったことも

ちょぐむっしっ ちょあじご
조금씩 좋아지고
少しずつ好きになって

うっぬん もすぷっかじど だるまぼりょっとん
웃는 모습까지도 닮아버렸던
笑う姿までも似てしまった

にが おんぬん げ むぉ おって
니가 없는 게 뭐 어때
君がいなくてもどうってことない


かっくむ ぬんむる なげ はむっけ うっとん いるど
가끔 눈물 나게 함께 웃던 일도
たまに泣いたり一緒に笑ったことも

っでろん そりちみょ どぅり っさうん いるど
때론 소리치며 둘이 싸운 일도
時には叫びながらふたり喧嘩したことも

いじゅみょん どぇぬんで びょりる あにん ごんで
잊으면 되는데 별일 아닌 건데
忘れられたらいいのに 大したことないのに

じうじ むぉ おって おって おって
지우지 뭐 어때 어때 어때
消してもどうってことない


しがぬん ふるろかご
시간은 흘러가고
時間は流れていく

(にが ぽご しぷる って)
(니가 보고 싶을 때)
(君に会いたい時)

ふるろかご
흘러가고
流れていく

(くってまん ちゃむし っこねぼみょん どぇじ むぉ おって)
(그때만 잠시 꺼내보면 되지 뭐 어때)
(その時だけしばらく取り出してみるのはどうだろう)


ぱっぷげ さるだがど
바쁘게 살다가도
忙しく生きても

(にが あんご しぷる って)
(니가 안고 싶을 때)
(君を抱きしめたい時)

ちゃっく じゃらなん に せんがけ
자꾸 자라난 니 생각에
何度も募る君を考えて

(くってぬん など もるれ じょるで ぱどぅみょん あんどぇ my call)
(그때는 나도 몰라 절대 받으면 안돼 my call)
(その時は僕も知らない 絶対出ないで my call)

なん にが ぽご しぷたご
난 니가 보고 싶다고
僕は君に会いたい時


くりぷたご もて もて
그립다고 못해 못해
恋しいと言えない

のん じょむ おって おって
넌 좀 어때 어때
君はどう?


うり はむっけ ごっとん く ばめ ぐ ぎるど
우리 함께 걷던 그 밤의 그 길도
僕たち一緒に歩いたあの夜もあの道も

ぬぐぼだ ぴっなおん く いぇっぷん みそ
누구보다 빛나던 그 예쁜 미소
誰より輝くその綺麗な微笑み

いじゅみょん どぇぬんで びょり らにん ごんで
잊으면 되는데 별 일 아닌 건데
忘れられたらいいのに 大したことないのに

じうじ むぉ おって おって おって
지우지 뭐 어때 어때 어때
消してもどうってことない


ぽご しぷた まらどん に もくそりど
보고 싶다 말하던 니 목소리도
会いたいと言った君の声も

っこっ あぬる って なる かむっさどん に ひゃんぎど
꼭 안을 때 날 감싸던 니 향기도
ぎゅっと抱きしめた時僕を包んだ君の香りも

いじゅみょん どぇぬんで びょりる あにん ごんで
잊으면 되는데 별 일 아닌 건데
忘れられたらいいのに 大したことないのに

じうじ むぉ おって おって おって
지우지 뭐 어때 어때 어때
消してもどうってことない


くろっけ ふるろかじょ ふるろかじょ
그렇게 흘러가줘 흘러가줘
こうやって流れていってくれ